*

車検にかかる費用の内訳

   

車検車検って言われるのは「自動車検査登録制度」の略。
日本だけの文化だと聞いたことがあるので、バカバカしい気もしますが、車検を通さないと日本の公道は走れないのでどうしようもありません。

車検を受けるのが必要な理由は、この車検証の有効期限を延長して継続するするため。

自家用乗用自動車(軽自動車含む)の場合、
更新期限は、新車なら初回は3年後で以降は2年毎に必要です。

車検にかかる費用は大きく分けて2つの種類があります。

1つは法定費用。そこに含まれるのは

  • 重量税
  • 自賠責保険料
  • 検査手数料

2つ目は車検を通すためにかかる費用。

  • 点検整備料
  • 車検代行料

このうち、1つ目の「法定費用」は必ず払わなくてはならない料金

金額は車種によって違いますが、車に乗るなら避けられません。

2つ目の「点検整備料」や「車検代行料」は、ユーザー車検というやり方で自分で車検を通せば最低限に抑えられます。

よく自分で車検を通したという話しも聞くかと思いますが、よほど車に慣れた方でないとハードルが高いですよね〜。

部品交換が必要なら、取り寄せから交換作業も自分でやらないといけないですから、専門知識も必要です。

2000ccクラスの普通乗用車で、大きな交換部品などが無くても10万円程度が相場でしょうね。

懇意にしている自動車整備工場でいつも車検をお願いしてますが、最低料金でやってもらってもこのくらいの金額になります。

長く乗ったクルマであれば、この交換部品も多くなって工賃もその分かかりますから、整備工場ではココが旨味。
ディーラー車検などでは、交換しなくても済むような部品でも劣化していると見れば交換しますし、工賃も高いです。

「ディーラー車検が高いなぁ〜。近くでどこか良い整備工場ないかなぁ〜」
と、思ってる方は「カーセンサー」のサイトでも調べられます。

代車の有無、予約割引、車検費用の目安も比較できます。

 

>>「カーセンサー」で近くの整備工場を探す

 

もし近々、車の買い替えを考えてる方だったら車検は通す必要はないですよ!

車検付きの車の方が査定は高いですが、自分で車検を通す金額以上に値引き額が増えることはありませんから。
自社で車検を通したほうが安くなるのは当然のこと。

車検が切れかかってる車から乗り換えを検討しているなら、そのまま買取り業者に一括査定してもらいましょう!


 - 車の維持費用 , ,