*

新型ミニ コンバーチブルに値引きはあるか

   

BMWのミニクーパーに第3世代となるオープンカー「ミニ クーパー コンバーチブル(F57)」が登場です。

モデルは、クーパーとクーパーS、それにジョンクーパーワークスの3モデル。

MINI Japanの公式サイトには、ラインナップとして「COOPER」「COOPER S」しかないので、「John Cooper Works」が欲しい方は<別格扱い>ということですね。
価格も100万円近くの差がありますから、このモデルが欲しいんだったらディーラーで情報を得るほかなさそうです。

ミニ クーパー コンバーチブル F57

ミニ クーパー コンバーチブル(F57)MINI Japanより

車両価格は、
ミニクーパーコンバーチブルが、342万円
ミニクーパーSコンバーチブルが、397万円

ちなみに、ジョンクーパーワークスコンバーチブルは、483万円です。

エコカー減税は「クーパー」モデルのみ。
第2世代「R57」と比べると10〜20万円程度の値上がりです。

気になる値引きはあるの?って調べたところ、やはり「値引き0円」!!?

これはやっぱり圧倒的な「MINI ブランド」があるから、値下げする要因がないんでしょうね。
欲しい欲しいオーラ全開で行くと、オプションやグッズサービスなどでのオマケも期待できないかもです。。

他に購入検討している競合車を引き合いに出して、なんらかの条件を貰いたいところ!

値引きがなければ、今のクルマは買取業者に「買い取り一括査定」で査定額を出してもらってできるだけ高く売りましょう。
BMWディーラーの「下取り」よりも高い価格がでるはずです?!

ミニコンバーチブルはリセールバリューも大きいので、購入しても価値が下がらないのが嬉しい車です。

ルーフトップ ユニオンジャック

ルーフトップにユニオンジャックの模様 MINI Japanより

ミニクーパーコンバーチブルが新型になって、デザインの大きなポイントがありました。
それはルーフのソフトトップに「ユニオンジャック」の柄を入れられるということ。

これまでハードのルーフにしか入れられなかったのが、ソフトトップにうっすらとユニオンジャックが見えます。

そしてカラバリは12色のバリエーション。
ポップにもシックにも仕上げられます。

内装もゴージャス。フルオープンで走る気分は最高でしょう。

個性的な1台に仕上げられるのは、ミニならではの楽しみですね〜!

 - BMWの車 , ,